HOME > 郷の家 > 耐久

耐久

【SD工法】含水率15%以下 乾燥技術特特許取得

すべての構造材に含水率15%以下の無垢材を使用。集成材は一切使いません。

徹底して無垢の乾燥材にこだわり、自社で木材乾燥機の研究・開発をすすめ、含水率15%以下の乾燥無垢材の開発に成功しました。
室内平衡含水率まで乾燥することにより、反りかえり、割れの極めて少ない無垢材が誕生し、その結果、強くて安全性の高い、長寿命の住宅を実現しました。この乾燥技術は特許を取得しています。
強度・健康面に不安のある集成材を夢ハウスでは使いません。
※室内平衡含水率:冷暖房(エアコン)を使用する室内の温度と湿度を基準に、木材が収縮・変形しにくい安定した平衡状態を保す含水率(数値:5~10%)

【SD工法】床下換気4倍

自然の風が走り、木を活かす床下換気は、「丸型換気孔」により従来工法の4倍

歴史が証明する100年耐久住宅

"国宝"羽黒山五重塔は、約600年前に再建された東北地方最古の塔。この木造建築の耐久性を現代の建築技術に取り入れた夢ハウスの100年耐久住宅「生命の家」。夢ハウスの強さは、1400年の伝統建築の歴史が証明します。

夢パネルの壁体内通気

壁の内側に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。住む人の健康はもちろん、住まいの耐久性にも大きく貢献します。

耐震 健康